ローズS
2020/9/20 中京競馬場 芝2000m

レース展望

秋華賞トライアル。今年は中京芝2000mで行われる。過去10年で1番人気は[5−1−0−4]で6連対。前走オークス5着以内は[5−1−0−1]。2番人気は[1−2−2−5]で3連対、3番人気は[0−0−2−8]で連対なし。6〜9番人気が6連対、10番人気以下が3連対。最近5年のうち4年で6番人気以下が連対し、馬連は17倍、74倍、213倍、25倍、16倍。重賞実績馬が揃うが中穴以上の決着が多い。

前走オークス3着以内は[5−2−0−6]だが、今年は出走がない。オークス4着馬は[1−0−1−1]、5着馬は[1−0−1−3]、6着以下は[1−2−1−25]。18年は13着のカンタービレ、昨年は15着のビーチサンバが巻き返して連対した。連対馬15頭が上がり3Fメンバー3位以内、1〜3着馬は21頭が上がり3Fメンバー3位以内だった。上がりの速さが問われる。速い上がりを繰り出せる馬に注意。

デゼルは新馬戦を出遅れて後方から最速の34.4秒で差し切って1分48秒7(稍重)で快勝。スイートピーSは後方から最速の32.5秒で大外から差し切って1分47秒1で優勝。前走オークスは後方から5位の33.8秒で伸びて0.7秒差の11着。不利もあったが、馬体が8キロ減って腹目が細くなっていた。母アヴニールセルタンはデビューから6連勝で仏1000ギニー、仏オークスを勝った馬。ひと夏越してどこまで馬体が成長してくるか。新馬戦で騎乗した武豊騎手に乗り替わる。過去10年で武豊騎手は[0−0−2−4]。

クラヴァシュドールは5戦連続で重賞を使われ、サウジアラビアRC2着、阪神JF3着、チューリップ賞2着、桜花賞4着、オークス15着。チューリップ賞はハナ差の2着。勝ったマルターズディオサは紫苑Sを制した。桜花賞は内から2位の37.1秒で伸びて0.7秒差の4着。勝負どころで外から来られて後方に下がるロスがあった。重馬場も堪えている。前走オークスは3番手から失速して15着。硬い馬場が影響したのか、それとも距離か。奥手といわれるハーツクライ産駒。今年の重賞で中内田厩舎は[0−1−1−15]。

アルテミスS勝ち馬リアアメリア、フローラS3着馬フアナ、忘れな草賞3着馬リリーピュアハート、フラワーC勝ち馬アブレイズ、新潟2歳S勝ち馬ウーマンズハート、前走西海賞を勝ったフィオリキアリなど。リアアメリアは阪神JFは6着、桜花賞は10着に終わったが、前走オークスは中団から4位の33.7秒で伸びて0.3秒差の4着に入った。過去10年でオークス最先着馬は[3−1−1−5]、オークス4着以下は[0−0−1−1]。4月以降の重賞で川田騎手は[0−2−2−18]、3番人気以内では[0−1−1−9]。

フアナは新馬戦でアドマイヤビルゴの2着。フローラSは中団から最速の35.2秒で伸びて0.1秒差の3着。前走1勝クラスは好位から最速の34.6秒で抜け出して優勝。芝1800mは[2−1−0−0]、芝2000mは[0−0−1−0]。ルメール騎手に乗り替わる。リリーピュアハートは忘れな草賞でウインマイティーに0.2秒差の3着。前走オークスはスタートで躓いて後方から6位の33.9秒で追い込んで0.7秒の9着まで追い上げた。今年の芝2000m重賞で福永騎手は[3−2−0−2]で5戦連続連対中。



[Home]