セントライト記念
2020/9/21 中山競馬場 芝2200m

レース展望

菊花賞トライアル。過去10年で1番人気は[4−2−1−3]で6連対。単勝1倍台なら[2−2−0−0]。関東馬[3−1−0−1]、関西馬[1−1−1−2]で関東馬は堅実。2番人気は[1−2−1−6]、3番人気は[1−2−3−4]で各3連対。6〜9番人気は4連対、10番人気以下は1連対。最近5年の馬連は133倍、3倍、5倍、9倍、45倍で堅いか波乱両極端。G1実績馬が少ないと荒れる傾向がある。

ダービーから直行した関東馬は[5−1−1−9]、関西馬は[2−4−3−10]。ダービー10着以下は[4−3−2−8]で7連対。昨年はダービー15着のリオンリオン、17着のサトノルークスで決着。今年ダービーから直行した関東馬は6着ガロアクリーク、11着サトノフラッグ、関西馬は14着ヴェルコス。前走条件戦は[2−4−2−74]で6連対、5番人気以内なら[2−3−1−10]。前走条件戦でも通用する。

サトノフラッグは芝2000mの未勝利、1勝クラス、弥生賞を3連勝。皐月賞は中団の外から上がってきたが、直線で伸び切れず1.1秒差の5着。 外からコントレイルに来られて怯んだことが影響したのか。コントレイル、サリオスとは力差を感じさせた。前走ダービーは後方からメンバー8位タイの34.7秒で追い込んで1.2秒差の11着。東京のスローの上がり勝負で後方からでは厳しかったか。中山は3戦2勝の得意コース。コントレイル、サリオスはいない。上がりの掛かる中山で復活なるか。新馬戦以来となる戸崎騎手が騎乗する。

ガロアクリークはスプリングSを中団の後ろからメンバー最速の33.8秒で差し切って1分49秒8で優勝。皐月賞は中団の外からメンバー3位タイの35.7秒で伸びて0.7秒差の3着。前走ダービーは中団の外からメンバー5位タイの34.6秒で伸びて0.9秒差の6着。3着ヴェルトライゼンデとは0.1秒差だった。キンシャサノキセキ産駒は芝2000m以上の3勝クラスでは[0−0−0−13]、重賞では[0−0−1−3]。4月以降の重賞で川田騎手は[0−2−2−18]、2番人気以内では[0−1−1−8]。

青葉賞2着馬ヴァルコス、青葉賞3着馬フィリオアレグロ、ラジオNIKKEI賞勝ち馬バビット、前走開成山特別を勝ったリスペクト、前走天の川賞を勝ったダノンファストなど。ヴァルコスは青葉賞で後方から早めに動いて2分23秒0で走り、オーソリティにクビ差の2着。ゆきやなぎ賞を2分28秒2(稍重)で勝った馬が5.2秒詰めた。前走ダービーは好位から一杯になって1.4秒差の14着。8枠17番から外を回ったことが堪えたか。今年の重賞で佐々木氏&友道厩舎は[1−2−0−2]。3戦連続で三浦騎手が騎乗する。

フィリオアレグロは共同通信杯で好位からメンバー4位タイの34.6秒で0.7秒差の4着。馬体が18キロ増えて少し太かった。前走青葉賞は内ラチ沿いの中団からメンバー最速の33.9秒で伸びて0.1秒差の3着。堀厩舎のディープインパクト産駒でサトノクラウンの半弟。初の右回りがどう出るか。バビットは未勝利、早苗賞、ラジオNIKKEI賞を逃げ切って3連勝。前走ラジオNIKKEI賞は前半5F59.6秒で逃げ、メンバー最速の35.8秒で上がって5馬身差で圧勝。距離&中山をこなして単騎逃げで粘り込むか。



[Home]