ファンタジーS
2020/11/7 京都競馬場 芝1400m

レース展望

過去10年で1番人気は[2−2−3−3]で4連対。前走芝1200mは[0−0−2−0]、芝1400mは[0−1−0−2]、芝1600mは[2−1−1−1]。2番人気は[1−0−1−8]、3番人気は[0−1−2−7]で各1連対のみ。6〜9番人気が5連対、10番人気以下が2連対。過去5年の馬連は61倍、102倍、26倍、7倍、30倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴以上を狙う馬券作戦が有効。

前走勝ち馬は[6−3−8−64]、2着馬は[2−4−0−10]だが、3〜5着馬は[0−0−2−20]で3着止まり。前走1勝クラスを勝った馬は[0−0−0−6]で3着以内がない。[0−3−0−4]の2着馬に注意。前走OP以上で6、7、8、13着に負けた4頭が7、2、12、14番人気で連対した。この時期の2歳重賞はOP以上の経験がモノをいう。前走OP以上で負けた馬の巻き返しに注意。

ヨカヨカは阪神芝1200mの新馬戦、フェニックス賞、ひまわり賞を3連勝。新馬戦で頭差の2着モントライゼは小倉2歳Sで2着に入った。フェニックス賞は前半3F32.9秒のハイペースで逃げて1分7秒9で優勝。前走ひまわり賞は前半3F34.0秒で逃げて1分9秒2で3馬身半差で圧勝。近親にファインモーションがいる。熊本で生産された九州産馬。福永騎手は同馬主のサルビアではなくヨカヨカを選んだ。

メイケイエールは新馬戦、小倉2歳Sを2連勝。新馬戦は3番手からメンバー2位の35.3秒で抜け出して1分9秒4で5馬身差で圧勝。前走小倉2歳Sは中団の外からメンバー最速の35.1秒で差し切って1分9秒6(重)で優勝。道中頭を上げて折り合いを欠き気味だった。祖母ユキチャン、その母シラユキヒメで白毛一族。先週のアルテミスSは白毛のソダシが3戦3勝で優勝。白毛一族の時代が到来か。鞍上は武豊騎手。

前走りんどう賞を勝ったサルビア、前走函館2歳S3着&クローバー賞2着のラヴケリー、前走ききょうS4着のルクシオン、前走未勝利戦を圧勝したミニーアイル、前走新馬戦を勝ったメイショウイチヒメ、前走小倉2歳S5着のフリードなど。サルビアは前走りんどう賞を中団からメンバー最速の35.1秒で抜け出して1分23秒2(稍重)で5馬身差で圧勝。6頭の少頭数だった。福永騎手からテン乗りの幸騎手に乗り替わる。

ラヴケリーは函館芝1200mの新馬戦を逃げて3馬身差で圧勝。函館2歳Sは後方からメンバー最速の35.4秒で追い込んで0.1秒差の3着。直線で馬群を捌きながら鋭く伸びてきたが、新馬戦と全く違う流れで位置取りが後ろになったことが堪えた。前走クローバー賞は好位から2位の35.2秒で伸びてカイザーノヴァに頭差の2着。馬主、高柳調教師とも重賞未勝利。団野騎手から川田騎手に乗り替わって勝負モードか。


レース回顧

2020年11月 7日(土) 5回阪神1日  天候: 曇   馬場状態: 良 
11R  第25回KBS京都賞ファンタジーS
2歳・オープン・G3(馬齢) (牝)(国際)(指定)  芝 1400m・内   12頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 7 10  メイケイエール     牝 2 武豊      54  1.20.1 34.5  1 458 (栗)武英智
2 5  6  オパールムーン     牝 2 横山典弘  54  1.20.2 33.5  7 436 (栗)昆貢
3 7  9  ラヴケリー         牝 2 川田将雅  54  1.20.4 35.0  5 438 (栗)高柳大輔
4 8 12  オプティミスモ     牝 2 藤井勘一  54  1.20.4 34.2 11 420 (栗)石坂公一
5 3  3  ヨカヨカ           牝 2 福永祐一  54  1.20.5 34.7  2 450 (栗)谷潔
6 5  5  ミニーアイル       牝 2 藤岡康太  54  1.20.5 34.5  4 502 (栗)武幸四郎
7 1  1  デルマカンノン     牝 2 藤岡佑介  54  1.20.7 34.9 10 442 (栗)五十嵐忠
8 6  7 *モンファボリ       牝 2 北村友一  54  1.20.9 34.9  6 444 (栗)須貝尚介
9 8 11  セレッソフレイム   牝 2 小牧太    54  1.21.3 35.1 12 430 (栗)服部利之
10 4  4  サルビア           牝 2 幸英明    54  1.21.4 36.0  3 456 (栗)鈴木孝志
11 2  2 $フリード           牝 2 和田竜二  54  1.21.5 36.2  8 486 (栗)西園正都
12 6  8  メイショウイチヒメ 牝 2 池添謙一  54  1.22.0 35.8  9 424 (栗)飯田祐史
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.2-10.7-11.2-11.2-11.3-11.5-12.0
通過:34.1-45.3-56.6-68.1  上り:67.9-57.2-46.0-34.8  平均:1F:11.44 / 3F:34.33
単勝   10 \250 
複勝   10 \140 / 6 \430 / 9 \210 
枠連   5-7 \570 (3) 
馬連   06-10 \3310 (11) 
ワイド 06-10 \1000 (11)/ 09-10 \390 (3)/ 06-09 \1670 (18) 
馬単   10-06 \4710 (17) 
3連複 06-09-10 \5400 (15/220) 
3連単 10-06-09 \25620 (78/1320) 

メイケイエールは中団から掛かって4番手に押し上げ、メンバー3位タイの34.5秒で抜け出してレースを制した。勝ちタイム1分20秒1の2歳レコード。フリードが逃げて前半3F34.1秒、5F56.6秒の速い流れ。メイケイエールは道中掛かって普通なら惨敗するケースだが、小倉2歳Sでも掛かっていたように掛かってもその後に落ち着けば息が入るようだ。父は新種牡馬ミッキーアイルで祖母はユキチャン。白毛一族が3戦3勝で重賞2連勝というのは、アルテミスSを勝ったソダシと同じ。次走は未定だが、阪神JFに向かうことになりそうだ。無敗の白毛一族ソダシとの初対決が楽しみだ。

オパールムーンは最後方からメンバー最速の33.5秒で大外から伸びて0.1秒差の2着。横山典騎手がお得意の最後方から大外一気で持ってきた。前半5F56.6秒の速い流れで展開も味方したが、キャリア1戦でガツンと切れる脚を使えたことは今後に繋がりそうだ。前走札幌芝1500mの新馬戦では3着ククナ(アルテミスS2着)を子供扱いしている。昆厩舎の管理馬は心肺機能が高く、息の入りにくい1400mに強い。半兄に10歳まで走ったサイモンラムセスがいる。非社台の昆厩舎。息の長い活躍を期待したい。

ラヴケリーは2番手からメンバー8位の35.0秒でしぶとく伸びて0.3秒差の3着。一緒に前に行った2頭は直線で失速して惨敗しただけによく粘っている。カレンブラックヒル産駒で心肺機能がそこそこ高いのだろう。逃げ差し自在で脚質に幅があるのは今後も強みになる。

サルビアは2番手につけたが、直線で一杯になり1.3秒差の10着。道中ずっと折り合いを欠いて自滅した。速い流れで3頭横並びの真ん中で息が走らなかったことも影響している。幸騎手は昨年以降の芝重賞では[0−1−1−64]、昨年7月以降は[0−0−0−54]。OP特別でも不振。下級条件で狙いたい。



[Home]