京阪杯
2021/11/28 阪神競馬場 芝1200m

レース展望

過去10年で1番人気は[2−3−0−5]で5連対。単勝1倍台は[1−1−0−0]、2倍台は[0−0−0−2]、3倍以上は[1−2−0−3]。単勝2倍台は連対がなく不振。2番人気は[2−0−0−8]で2連対、3番人気は[1−3−0−6]で4連対。6〜9番人気は4連対、10番人気以下は3連対。過去5年の馬連は11倍、233倍、149倍、19倍、15倍で10倍前後か万馬券か両極端。

年齢別では3歳[3−1−0−14]、4歳[3−5−2−29]、5歳[2−3−5−45]、6歳[2−0−3−32]、7歳以上[0−1−1−18]で4、5歳馬の連対が多い。6歳以上で3着以内に入った7頭のうち5頭が9番人気以下だった。穴で6歳以上の牡馬に注意。過去3年はキーンランドC2、4、10着馬が1、2、3番人気で勝っている。前走キーンランドCで負けて人気になった馬の巻き返しに注意。

過去10年でノーザンF生産馬は[0−2−1−14]で1、6番人気が2着、12番人気が3着。アウィルアウェイ、アストラエンブレム、オールアットワンス、タイセイビジョン、ミッキーブリランテ、レッドアンシェルが該当する。社台F生産馬は[0−1−2−14]で1番人気が2着、5、7番人気が3着。アクアミラビリス、サヴォワールエメ、ソーグリッタリングが該当する。社台生産馬は勝っていない。

レイハリアはダ1200mの未勝利、芝1200mの雪うさぎ賞、葵S、キーンランドCを勝ち、現在4連勝中。葵Sを2番手から抜け出して1分8秒1で勝ったが、2着ヨカヨカが北九州記念、3着オールワットアンスがアイビスSDを制した。前走函館スプリントSは3番手から抜け出して1分9秒1で優勝。予定通りスプリンターズSをパスして京阪杯に使ってきた。前走から2キロ増の53キロ、初の阪神コースがどう出るか。

シヴァージは今年のシルクロードSを中団から最速の33.6秒で差し切って重賞初制覇。前走スプリンターズSは5番手から2位タイの33.4秒で上がって0.3秒差の3着。内&前が有利な馬場で1枠1番から好位につけて内をロスなく回ってきたことが大きかった。昨年の京阪杯は後方から最速タイの33.5秒で追い込んで0.2秒差の5着。今回も吉田隼騎手が前を捕まえられる位置につけられるかがカギ。

昨年のスプリンターズS3着馬アウィルアウェイ、北九州記念2着馬ファストフォース、同4着馬シゲルピンクルビー、アイビスSD勝ち馬オールアットワンス、阪急杯2着馬ミッキーブリランテ、19年の京阪杯勝ち馬ライトオンキューなど。アウィルアウェイは今年[0−0−1−4]でCBC賞で3着に入ったが、4戦は12着以下に終わっている。インディチャンプの半妹。テン乗りの荻野騎手がどう乗るか。

ファストフォースはCBC賞を1分6秒0のレコードで逃げ切り重賞初制覇。北九州記念は0.2秒差の2着。前走スプリンターズSは15着に終わったが、G3で一変に注意。シゲルピンクルビーはフィリーズレビュー勝ち馬。北九州記念は0.2秒差の4着。少しずつスプリント戦に慣れてきている。オールアットワンスは葵Sで0.1秒差の3着。勝ったレイハリアと大きな差はない。超人気薄の次走の狙い馬が出走予定。



[Home]