エルムS
2022/8/7 札幌競馬場 ダ1700m

レース展望

過去10年で1番人気は[2−1−3−4]で3連対。単勝1倍台は[1−1−1−0]で3着以内を確保。単勝2倍台は[0−0−1−2]、3倍台は[1−0−1−2]で取りこぼしが多い。2番人気は[3−2−0−5]で5連対、3番人気は[2−1−0−7]で3連対。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は7、7、10番人気。過去5年の馬連は8倍、12倍、92倍、9倍、42倍。昨年は4−7番人気で中穴決着。

年齢別では4歳[4−1−2−10]、5歳[4−3−4−21]、6歳[2−2−3−35]、7歳以上[0−4−1−36]。4、5歳馬が勝ち、6、7歳馬が2着に来ることが多い。夏のローカルG3に一線級は出走しない。重賞実績のある高齢馬に注意。前走北海道のダ1700mのOP特別に出走した馬は[5−3−2−39]で8連対。連対馬が2番人気以内なら[3−1−2−0]。前走マリーンSで連対した馬に注意。

過去10年でノーザンF生産馬は[1−1−1−10]で2番人気が勝ち、2番人気が2着、4番人気が3着。ダノンファラオ、バティスティーニが該当する。社台白老F生産馬は[2−0−0−3]で1番人気が勝ち、4番人気が2着。スワーヴアラミスが該当する。社台F生産馬は[2−1−0−11]で1、3番人気が勝ち、5番人気が2着。今年は出走馬がいない。社台馬主はバティスティーニ(サンデーR)のみ。

オメガレインボーはダ1700m[2−4−1−7]で昨年はマリーンSでハナ差の2着、エルムSで半馬身差の2着に入った。前走マリーンSは中団から5位の36.7秒で上がって0.3秒差の4着。前に行った3頭で決着したレースだった。今回は前に行く馬が揃って流れが速くなれば突っ込んでくるか。過去10年のエルムSで横山和騎手は[1−2−0−3]で8番枠で1着、13、13番枠で2着。外枠を克服している。

ブラッティーキッドは地方で5連勝、中央に戻って3連勝。竜飛崎特別は3番手から2位の36.4秒で上がって1分44秒1(稍重)で優勝。1週後のマリーンSは1分44秒0(良、小雨)だった。前走報知杯大雪Hは6番手から2位の37.6秒で差し切り1分45秒3で2馬身半差で圧勝。過去10年で前走3勝Cを勝った馬は[2−0−0−5]で3、7番人気が勝っている。13年目の水口騎手は重賞初制覇なるか。

昨年のエルムS勝ち馬スワーヴアラミス、マリーンS勝ち馬フルデプスリーダー、同2着馬ウェルドーン、同3着馬ロードエクレール、大沼S勝ち馬アイオライト、プロキオンS2着馬ヒストリーメイカー、同4着馬ロードレガリス、昨年のエルムSで1番人気で14着に終わったアメリカンシードなど。他にも激走してもおかしくない馬が多い。日曜は曇り一時雨の予報が出ている。脚抜きのいい馬場になる可能性がある。

スワーヴアラミスは昨夏大沼S2着(59キロ)、マリーンS1着(57.5キロ)、エルムS1着(56キロ)。7〜9月のダートでは[4−0−1−0]。58キロを克服して松田騎手が持ってくるか。フルデプスリーダーはダ1700mで先行したときは[2−1−0−0]。横山武騎手から丹内騎手に乗り替わる。ウェルドーンはマリーンSで2番手から粘ってハナ差の2着。関東オークスを勝ち、JDDで3着に入った馬。過去10年のエルムSで牝馬は[0−0−0−6]、武豊騎手は[0−0−0−4]。馬名は「あっぱれ」という意味。



[Home]