AJCC
2023/1/22 中山競馬場 芝2200m

レース展望

過去10年で1番人気は[2−3−0−5]で5連対。単勝1倍台は[0−1−0−1]、2倍台は[1−2−0−2]、3倍以上は[1−0−0−2]。2番人気は[3−0−2−5]で3連対、3番人気は[2−2−1−5]で4連対。6〜9番人気が3連対、10番人気が2連対。過去5年の馬連は4倍、28倍、12倍、11倍、343倍。昨年は3−11番人気で大波乱になった。

年齢別では、4歳[2−4−3−14]、5歳[3−1−3−21]、6歳[4−1−3−28]、7歳[1−3−0−19]、8歳以上[0−1−1−31]で5、6歳馬の優勝が多い。4歳馬は3番人気以内[2−4−1−6]、4番人気以下[0−0−2−8]。4歳馬は人気馬に注目。6歳以上で連対した10頭のうち4頭が7番人気以下。穴で芝2000m以上の重賞で勝ち星がある高齢馬に注意。

ガイアフォースは[3−2−0−1]で国東特別を1分56秒8のレコードで7馬身差で圧勝し、セントライト記念を6番手から差し切って2分11秒8(稍重)で優勝。前走菊花賞は内ラチ沿いの6番手から伸び切れず1.6秒差の8着。松山騎手は芝3000m以上のG1[0−0−0−10]で全て10着以下。重賞で不振の松山騎手からルメール騎手に乗り替わる。過去10年のAJCCでルメール騎手は[1−3−0−4]。

エピファニーは全て芝1800mを使われ[4−1−1−0]で現在4連勝中。前走ノベンバーSは2番手から2位の33.3秒で抜け出して1分45秒4で優勝。中山では2戦2勝。今回は重賞初挑戦、初の芝2200mになる。JRA重賞でエピファネイア産駒の3歳馬は[7−9−11−71]だが、4歳馬は[1−4−3−19]、5歳馬は[1−2−1−20]で各1勝のみ。戸崎騎手は今週も距離が長いとコメントを用意か。

21年のオークス馬ユーバーレーベン、エプソムC勝ち馬ノースブリッジ、21年のAJCC勝ち馬アリストテレス、20年のセントライト記念勝ち馬バビット、七夕賞勝ち馬エヒト、前走オリオンSを勝ったスタッドリー、21年のきさらぎ賞勝ち馬ラーゴムなど。ユーバーレーベンはオークス以降[0−0−0−7]で5着止まり。牝馬によるAJCC制覇は91年のメジロモントレーのみ。中山得意のMデムーロ騎手がどう乗るか。



[Home]