東海S
2023/1/22 中京競馬場 ダ1800m

レース展望

過去10年で1番人気は[5−1−3−1]で6連対。単勝1倍台は[3−0−0−0]、2倍台は[2−0−2−1]、3倍台は[0−1−1−0]。2番人気は[2−2−0−6]で4連対、3番人気は[0−2−2−6]で2連対。6〜9番人気が4連対、10番人気が2連対。過去5年の馬連は42倍、3倍、12倍、45倍、26倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴以上を狙うのが妙味。

前走勝った馬は[3−1−1−15]、2番人気以内なら[3−1−0−2]。前走4〜7着に負けた馬が8連対。過去5年のうち3年で前走10着以下に惨敗した馬が連対している。近年は重賞で惨敗した馬の巻き返しが目立つ。6番人気以下で連対した6頭にG1で4着以内または重賞勝ちがあった。過去2年は前走チャンピオンズCで8、13着に終わった7歳馬が7番人気で激走した。

ハギノアレグリアスはダート[5−2−0−2]で前走みやこSを5番手から5位タイの37.0秒で上がってサンライズホープに頭差の2着。福永騎手は昨年G2、G3[1−5−3−31]で勝率2.5%だった。中京ダートは2勝Cと3勝Cを54キロで勝っており2戦2勝。今回は休み明けで前2走より1キロ重い57キロを背負い、川田騎手に乗り替わる。重賞で四位厩舎は[0−1−1−9]。重賞初制覇なるか。

ハヤブサナンデクンは中京ダート[3−2−0−1]、中京ダ1800mは[1−2−0−0]で三宮Sを4番手から2位の37.5秒で抜け出して1分50秒0で6馬身差で圧勝。シリウスSは好位から伸び切れず1.0秒差の7着。道中馬群で揉まれ、直線でスムーズさを欠いて追い出しが遅れたことが堪えた。前走ベテルギウスSは3番手からしぶとく伸びて0.1秒差の3着に入り復調気配。福永騎手が57キロで騎乗する。

浦和記念勝ち馬クリノドラゴン、東海S1、2着があるオーヴェルニュ、ベテルギウスS勝ち馬サンライズウルス、チャンピオンズC7着馬スマッシングハーツ、プロキオンS勝ち馬ゲンパチルシファー、3連勝でOP入りしたプロミストウォリア、2連勝でOP入りしたディクテオン、3勝Cを勝ってOP入りしたウェルカムニュース、初ダートのアイアンバローズなど伏兵は多士済々。今年は良馬場でのレースになりそう。

クリノドラゴンは前3走シリウスS4着、JBCクラシック4着、浦和記念1着。中京ダートは[2−0−1−7]。現在4398勝の武豊騎手が58キロで騎乗する。オーヴェルニュは中京ダートのG2以下では[3−1−1−1]で東海S、平安Sを優勝。近走不振だが、得意の中京で巻き返すか。サンライズウルスは太秦Sでハギノアレグリアスに0.2秒差の2着がある。前走ベテルギウスSを勝った勢いで突破するか。岩田望騎手が騎乗する。イーガン騎手はウェルカムニュース、ムルザバエ騎手はプロミストウォリアに騎乗する。



[Home]